ハマグリのエスカルゴ、おかずじゃなくて酒の肴かな。

最近我が家の食卓は激変した。

私が魚を買わなくなったこと、そして相方がフルタイム勤務の仕事に就いたからだ。

そのため私は冷凍庫のスペースを空けるための在庫整理、相方はせっせと冷凍食品を仕入れている。

昨日はそんな冷凍庫整理の産物・ハマグリを使って料理をすることにしました。

ハマグリと言えば、お吸い物が定番中の定番。

私は小さなハマグリを使った味噌汁や酒蒸しが好きですが、今回はハマグリのエスカルゴを作ります。

ちゃんと活きたハマグリを購入したのに、調理出来ず止む無く冷凍することにして数か月。

相方に邪魔者扱いされ続け、とうとう場所を譲ることにしました。

ハマグリのエスカルゴの材料は、ハマグリ、白ワイン、バター、ニンニク、香草(ドライでもフレッシュでも可)、小葱等々。

作り方は様々で、材料も様々だけど、それぞれの事情に合わせて決めて良いと思います。

①ハマグリの殻をキレイに洗い、白ワインで酒蒸しします。

②酒蒸しすることで、キレイに殻が口を開けます。

③身の付いた側の貝殻は残し、逆側は取り外します。

④バターは常温で置き、刻みニンニクもしくはおろしニンニク、香草を入れてエスカルゴバターを作ります。

⑤エスカルゴバターを③に詰め、好みでネギやパン粉を散らして準備完了。

⑥電子レンジ・オーブントースターで焼いて出来上がりです。

出来上がり貧相ですいません。

食べた感想は?

大粒のハマグリとエスカルゴバターの相性抜群。

相方、娘たちの反応はなし。

きっと可もなく不可もなくと言う評価かな(苦笑)。

私は相方の料理が不味い時は、ちゃんと不味いと言うけどね。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー