今、神奈川のカマス食べる価値ありますよ。

最近セリ場を歩いていて、心底食べてみたいと思う魚がいます。

それは地元神奈川県産のカマスです。

まだ今年になってからカマスを食べていないので、味だとか脂だとか正直言えません。

でも私の中でカマスは、勝手に、そして絶対におススメです。

おススメするには理由があります。

まず1番重要なのが食べて美味しいこと。

2番目はカマスと言う魚が取扱いが楽なことです。

具体的にはカマスのウロコは細かいので取れ易いです。

だから水氷で出荷されて来る発砲の箱の中身を見てみると、魚同士が擦れてウロコが勝手に剥げ落ち水が濁っています。

そして見ての通り、細い胴体なので腹の中にある内臓の量が少ないし、ブリやカンバチのように、包丁を身に入れた瞬間に「流血」なんてことはありません。

魚の大きさに応じて、半分、3分割して振り塩して焼くだけで、カマスは十分です。

神奈川県産のカマスは鮮度が抜群に良いので、三枚に下ろして刺身もおススメ。

刺身に一手間加えて、炙りなんておしゃれですよ。

今日は平塚市漁協から追っ駈けでカマスがやって来ました。

食べたい?

来週、必ずカマス入手します。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー