市場開放も少しずつ変化してます。

久々、市場開放に参加し、仲卸店舗の様子をカメラに収めてきました。
すると少し雰囲気が変わり、新しい風が吹いているように感じました。
というのも、仲卸の皆さんも店先でパフォーマンスや値段表示の変更など、対一般顧客への見せ方が確実に変わっています。
そして新市場の取り組みとしてやってきた場内禁煙も、かなり徹底されているように感じます。

以前は、仲卸店先に並んだサカナに値札は付いていませんでした。

今日見るとキロ単価や産地、値段そのものを簡単に記入したものまでありました。
因みに値段の計算方法ですが、キロ単価1,200円、1㌔の平塚のサバは、1,200円×1㌔×1.08=1,296円となります。
(このサバは今日水揚げされた朝網、追っ駈けのサカナなんですよ。)

筆者とフグ太郎が食材ブログで紹介している水産物にも出会えるし、値段も満足度も100%満たされること間違いなしです。
最近はマグロ解体ショーも八丁武と角太商店の2回実施や、お魚捌き方教室も以前に比べてレベルアップしてます。

そして、市場に来るなら市場探検隊に是非参加してみて下さい。通常では体験できないことが盛りだくさん、てんこ盛りですよ。
是非、市場に一度足を運んでください、きっと得した気分になれるはずです。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー