待ってました!ブランドアジの「どんちっちあじ」。

半月前の業界紙の情報では、ある魚の水揚げが低調だと・・・・・。

もしかしたら、今年は出荷された来ないなのか?

しかし今朝、鮮魚課小島社員のセリ場で見慣れた「源蔵丸」の発泡スチロール箱を発見。

もしかしたらと期待を持って箱の周囲を確認すると、見つけちゃいました「どんちっち」シール。

今日ご紹介するのは、ブランド魚「どんちっちあじ」を紹介します。

「どんちっちアジ」は見た目カッコイイ、そして実際に手にしてみるとズシリと重い魚です。

サイズが50g以上で平均脂質が10%以上のマアジで、熟練した選別人がセレクトした厳選マアジだから当たり前かな。

脂質の含有量の全国平均が3.5%と言われているので、10%以上と言う数値がどれだけ高いのか皆様も興味を持たれる点だと思います。

ちょっと簡易に背開きにしてみました。

どうです!?包丁で一太刀すると・・・・・。

薄いピンク色、何かを期待させる色合いです。

じゃじゃ~ん、腹に養殖魚のように脂が・・・・・、これぞ正真正銘の脂質10%以上の証拠です。

想像以上に「どんちっちあじ」の身質は良いです。

仲卸はみんな良い魚を知っています。

アジが好きな仲卸、アジの取り扱いが得意な仲卸は、魚を見て迷わず購入していきました。

私も3尾ですが自分で購入してみました。

まずは生食=刺身だとおもいますが、最高のアジでアジフライは秀逸なおかずになるはずです。

家に帰るまで、ゆっくり考えたいと思います。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー