松輪サバの良さは、言葉で言い表せない。

最初に言ってしまいますが、何の捻りもないコメントですいません。

松輪サバは食べてやっぱり良かったです。

鮮魚課小島社員から取材用に1尾頂いたものを、捌いて食べてみました。

その中で松輪サバの良さを再確認する幾つかのポイントに出逢えました。

丸々1日経過したのに、黄金色の魚体に一点の陰りなくキラキラ輝いていました。

包丁を身に入れた瞬間、脂ののりを確信した。

腹を割って行くと、養殖魚なのと目を疑うレベルの身色を確認した。

おそらく脂の原動力の一つイワシを確認出来ましたが、持っている手が脂でテカテカです。

三枚の下ろした半身を包丁で切ってみると・・・・・、キレイな身色、皮下に脂を確認出来きた。

手抜きと言われてしまうけど、シンプルに魚の良さが分かるのは塩焼きです。

焼きは家内に任せたのですが、こんな仕上がりとなりました。

皮目を下にして焼いたので、網に皮がついてベロベロになってしまいました。

食べたら味に変わりはないけれど、料理は見た目も大切ですよね。

どうです美味しそうでしょ?

他人に意見の同意を求めなくても、間違いなく美味しいですよ。

やっぱり松輪サバは嘘をつかなかった。

これがブランド魚の地位を維持している所以かもしれません。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー