トピックス

空前の「だしブーム」だったんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、今話題のサカナをセリ場で見つけました。あごこと飛魚(トビウオ)です。

なぜ話題なのかと言うと、巷では空前のだしブームだったんです!みなさん知ってますか?

和食がユネスコ無形文化遺産に登録されたのが、きっかけなのか?

和食の基本とも言われ、味を支える存在でもある「だし」が注目され、今、本格だしに拘る本物指向の人が増えているそうです。

9月21日(水)西日本新聞紙上に「だし素材 あごだしブーム 戸惑う地元 平戸ブランド化の戦略も」という記事が掲載され、YAHOOニュースにもアップされるなど、少々加熱ぶりと思うくらいです。

どうやらこのブームの影響で、飛魚の卸値もどんどん跳ね上がり、平戸魚市の飛魚の取引値が、今月9日には3年前の7.5倍までになったそうです。

あごだしは、飛魚を焼いて乾燥させたモノをだしとして使っています。

一説には、「あごが外れるほど美味しい」ことから、この呼び名になったとも言われています。

焼あごを使っただしの味は、上品ですっきりとした甘みがあり、深いコクと旨みを感じられる味と言われています。

当社塩干合物課吉川社員にその評判を聞いてみると、あごだしよりしじみだしの方が売れているよ。そして仲卸の長峯水産小山専務に聞いたら、あごだしを扱っている仲卸店舗少ないよと意外な回答でした。

もともとあごだしは、九州ではお馴染みのもので長崎のお土産では定番品です。

何とかブームと言って、必要以上にヒートアップすると一時的には良いですが、決まって最後は全てハッピーエンドとは行かないですよ。

味は千種万様、人の感じ方も千差万別。流行に振り回されず、シッカリ足元を見て、地域の味や家庭の味を大事にして欲しいものです。

img_9507 img_9508 img_9514 img_9515

img_9529 img_9526

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 当社社員が集まって作業をしてますが、何をしているか分かりますか??? 取引先のオーダ...
  2. 夏なのにマガキ、仲卸も一目を置くブランドカキ「仙鳳趾(せんぽうし)」がコンスタン...
  3. どんより曇っているハッキリしない天気、湿度が高いせいかムシムシして不快指数急上昇中です。
  4. 市場は本当に面白い!アジひとつとっても、地元神奈川県(長井、本牧)、三重県、長崎県、愛媛県な...
  5. 第一土曜日、ハマの市場を楽しもう(市場開放)が開催されました。

アーカイブ

市場カレンダー