トピックス

なぜ今なの?トキシラズ(時鮭)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと早過ぎない?

この時期になぜ?

季節外れ?と思ってしまうサケが、北海道から入荷しているんです。

人呼んで『トキシラズ(時不知・時鮭)』、ちょっと変わりダネの青い瞳の外国鮭なんです。

北海道で獲れる鮭は川で孵化した後、海で4年過ごし、産卵のために生まれた川に戻って来るんです。

その時期は秋。生まれ故郷の川に戻る途中で獲られてしまうのが『秋鮭』と呼ばれ、これが一般的な鮭です。

対して『トキシラズ』は、ロシア北部のアムール川の生まれ。回遊の途中で北海道の沿岸で漁獲されてしまった鮭です。

春~初夏の時期の鮭なので、産卵の準備が整わず卵や白子がありません。

栄養分が卵などに消費されていないので、身肉が充実し脂ののりが格別なんです。

ここまで書けば言わなくても・・・・・、当然、トキシラズは美味しいですよ。

鮮魚課北海・関西チーム、特種課のセリ場には鮮魚のトキシラズが並んでいます。

そして塩干低温倉庫には、なんて言う偶然でしょうか、今年お初の『塩干トキシラズ』に出逢えました。

塩干合物課鮭鱒担当梅澤社員曰く、鮭と言えば、◇三ヒシサン(菱三)マークのヒシサン小林商店。

4月頃から水揚げが始まっていた北海道のトキシラズなんですが、ヒシサン小林商店は原料である鮭の質に拘り厳選して来ました。

そして製品化してもOKとの許可が出て、本日、今年初入荷に至ったそうです。

トキシラズは、時期限定のプレミアム鮭。

まだ噂の段階ですが、北の海の海水温が高過ぎて、トキシラズがなかなか南下しにくいとも聞いています。

水揚げ量が少ないと、値段も高値安定しちゃうんですかね。

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー