アカカマス、美味しすぎて記憶なくしそう。

人はどうして緊張したり、あがったりするんだろう。

自分自身が正に当事者だから、何とか克服したいのですが・・・・・。

子供の頃から大事な試験や試合の当日は、嗚咽が止まらなかったり、口から心臓が出そうになってました。

今では考えられないけど、緊張しすぎで1週間以上便秘なんて経験もしてきました。

何度も同じことを繰り返したり、歳を重ねることで慣れる?

いいえ、いくら練習しても、歳を重ねても、緊張感とは仲良くなれそうにありません。

せめて美味しいモノでも食べて、一瞬だけでも「緊張感」を忘れますか。

今日紹介する魚はカマスを紹介しますが、正式名称はアカカマスと言います。

神奈川県では馴染みの深い魚で、県別のプラウドフィッシュ(秋)に江の島のアカカマスで選出されています。

個人的には塩焼きにして食べたいのですが、鮮度が良ければ生食、刺身でも美味しく食べれます。

そしてカマスの干物が、本当に美味しいです。

細長いのに癖のない身質、しかも脂がのっていたら、カマスで何杯でも白米が食べれそうです。

次は極太のカマスに要チェックしたいと思います。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー