トピックス

ウツボ、美味いか不味いか試してみたら。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有言実行、買ったらちゃんと食べますよ。

12日(土)に仲卸㈱伊勢勝片山社長の店舗で購入したウツボ、連休最終日に食べました。

食べ方は仲卸の社長に聞いたりやネットで調べて、唐揚げか竜田揚げと最初から決めていました。

丸のままの状態ではなく、頭と内臓処理がされたドレス状態だったので、何もせず2日間冷蔵庫に放置です。

どうにかなっているかちょっと心配でしたが、見た目、香りに全く変化がなさそうでした。

日数が経過している割に、ジューシー=悪く言うと水っぽい身質だと実感しました。

滑りもなくそのままで良さそうだったんですが、念のため軽く塩で洗い、少し日本酒に漬けておきました。

キッキンペーパーで水気を取ったウツボは、ブツ切りにし、醤油、日本酒、味醂の汁に漬け込みました。

事前知識と実際の骨の入り方からウツボの骨抜きは困難と判断し、そのままの状態で調理に臨んでみました。

身はそれほど厚くないので、カラッと高温で揚げれば乗り切れる問題と勝手に思っていたのですが・・・・・。

出来上りは上々、こんがりキツネ色に揚がったウツボの竜田揚げ美味そうです。

試しに私と妻で出来立てを口に入れ食べた第一印象は、ふっくらとした食感と、脂ののった皮目、どことなくウナギに似ているかも。

不味い?美味しい?悪くないかも・・・・・。

しかし食べ進めて行くと、骨が歯に当たった。

それもかなりシッカリとした骨が身の中に隠されていました。

そして脂もちょっとキツイかな

マズイ、娘たちの反応が恐ろしい。

案の定、最悪の予想が的中した。

食べ始めは問題なし、しかし骨の件でクレームが入ると、多少我慢していましたが耐え切れず途中棄権。

結果残りは、夫婦二人で食べることになりました。

一生分のウツボを食べた気分で、おそらく2度と自らお金を出して買わないでしょうね。

酷な言い方かもしれませんが、地方のソウルフード、未利用魚たる要素が満載でした。

ウツボがなぜ流通にのってこなかったのか、知れただけでも貴重な体験です。

骨さえ克服できれば、ウツボは美味しく食べれるはず。

モノの話しに、是非ウツボ挑戦してみて下さい。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー