トピックス

エドノフーズの赤箱は、拘りつまった「適塩赤魚」の印です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台風21号の影響で、鮮魚の入荷が昨日に比べて明らかに減少しています。

そんな時は、じゃじゃ~ん!

塩干低温売場に行けば、良い食材に出逢えるハズ。

案の定、塩干合物課の吉川社員が声をかけてくれました。

良いモノあるよと紹介してくれたのが、㈱エドノフーズの『適塩赤魚』です。

㈱エドノフーズと言ったらサバ、青箱と市場関係者で知らない人はいないくらい有名なメーカーです。

今回ご紹介する「適塩赤魚」は、赤魚に合わせて赤(ピンク)箱に納められカラーリングにセンスを感じます。

適塩赤魚はセンスの良さだけでなく、素材や味にも拘りが隠されています。

アイスランド産赤魚を、

①魚 場 アイスランド近海

②漁 期 4月上旬~7月下旬

③漁獲法 トロール漁法

④その他 漁獲船にてドレス処理後、船内急速凍結

①~④の拘りを持って原料を厳選して製品作りを行っています。

そして味付けは、

①さぬきうどんで有名な「香川県産のさぬき塩」

②北海道産昆布の最上級品「利尻産昆布のエキス」

を使用し上質に仕上げた逸品となっています。

どうですか、1度食べてみたいと思いませんか?

焼いてみるとご覧の通り、脂ののった赤魚は「ふんわり」焼き上がっています。

干物は塩加減が命。では『適塩赤魚』の味の方はどうなのか?

「う~ん」と唸らせる絶妙な塩加減=㈱エドノフーズが得意としている一汐が最高に美味しい。

 

身肉も焼いて硬くならず、噛めば噛むほどに魚の旨みが引き出される不思議な感覚です。

エドノフーズの製品は決して安売りの店先に並ぶことのないと思います。

その答えは1度食べれば分かると思います。

㈱エドノフーズの拘りの逸品「適塩赤魚」を、是非1度堪能して欲しいです。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー