クラムチャウダー、レシピプラスオンで美味しくなる。

少し揺れすぎじゃないの?

最近、深夜に結構大きめの地震が発生している。

記憶に新しいモノは、茨城県南部の震度4、山梨県東部・富士五湖と紀伊水道の震度5(―)ですが・・・・・。

もしかして近いうちに「東海大地震波が来るの?」と考えると、背筋が寒くなります。

今日は旬の食材ではないですが、冷凍された剥きアサリを入手したので調理したいと思います。

アサリと言ったら酒蒸し?

貝殻なしで、アサリ剝き身が酒蒸しになっていたら風情がなさすぎ。

そうすると、私が作れるのはクラムチャウダーしかない。

材料はほゞほゞ買わずに済みましたが、シメジと生クリームだけは近所のスーパーで購入しました。

私がアサリの剥き身を購入するのは初めて、原版を溶かしてビックリしたのは、ボイルじゃなくて生であったこと。

生むきあさりブロックとデカく書いてあるのに、注意散漫です。

クラムチャウダーは材料さえ揃えば、料理は簡単です。

必須の材料は、主役の二枚貝、人参、タマネギ、ジャガイモ、牛乳、コンソメ顆粒。

あったら良い食材は、キノコ類、ベーコン、生クリーム等々。

料理と言っても、食べ易い大きさに野菜を切って炒め、牛乳で煮込むだけですからコツも何もありません。

唯一注意する点は、アサリを煮込み過ぎです。

1度ワイン蒸しして熱を入れているので、生クリームと一緒に最後に鍋に入れて温めて欲しいですね。

究極あれば良いのが粉チーズと乾燥パセリ。

粉チーズを入れるとコクが増し、乾燥パセリは色目と香りが食欲をそそります。

出来栄えはこんな感じ。

残りのアサリは、サクラエビと一緒にかき揚げにでもしようかな。

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー