トピックス

シロウオは踊って食べますか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もう待ったなしで春がやって来ています。

早春を告げる白魚(しろうお)が、佐賀県唐津市の玉島川より届きました。

おそらく、これが横浜市場初入荷のシロウオです。

飴源の袋には、シロウオ→白魚と記載されていますが、正式には素魚が正解です。

よく白魚(シラウオ)と間違えられるますが、全然違う生き物です。

のれそれを引き合いに出してみましたが・・・・・。

何年魚見てるの?全然違うじゃない!と厳しい攻撃を営業の先輩方々から頂戴しました。

さてこのシロウオですが、どうやって食べるのでしょうか?

超一般的で、メジャーな食べ方は『踊り食い』です。

もしかしたらダンスしながら食べる・・・・・、そんな訳ないですよ。

活きたままのシロウオを三杯酢や素醤油が入ったの海へ放ち、一気に口の中へ。

そのまま飲み込んでしまったら、酢の味しか感じないでしょうね(笑)。

初モノですからお値段もそこそこ、当然個人的に購入するにはそれなりの気合が必要です。

しかし横浜市詰所のIさんは買う気満々で、どこの仲卸が仕入れていったのかリサーチしてました。

ちょっと残酷な気持ちもありますが、韓国で食べたタコの踊り食いと、どこが違うのかと聞かれたら・・・・・。

明確な答えが出来ない、そんなレベルです。

機会があればシロウオの踊り食いは私も食べたいし、皆さんにも食べて頂きたい『春限定の大人の楽しみ』だと思います。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー