ニギス、シロギス似ですかね?

ちょっと魚が擦れています。

おそらく底曳網漁で獲れた魚です。

目線を逸らそうとしたのですが、眼が合っちゃいました。

そして何となくその存在が確認出来ちゃいました、ニギスです。

ニギスは漢字で書くと似鱚。

ぱっと見、外見がキスに似ているからこの名がついたようです。

しかし、生物の分類上キス(シロギス)はスズキ目キス科シロギス、ニギスはニギス目ニギス科ニギスと全くの別物です。

ニギスはどちらかと言えば「深海系」、70~400メートルの深さの砂泥地に生息しているそうです。

だから底曳網漁、魚が傷つく訳です。

もしシロギスがこんなに傷ついていたら、二束三文になっちゃうでしょうね(苦笑)。

深海系と言えば脂ノリノリ?と想像するのは私だけかな。

でもその考え強ちハズレではないようで、ニギスが摂取するエサによってかなり良い脂がのるそうです。

ちょっと他人事風な話の流れ・・・・・。

だぶんニギスの干物を食べたことがあるはずなんですが、あんまり記憶に残っていないんです。

せっかくだから仲卸店舗でニギスの干物探してみようかな。

白飯が進みそう、体重と尿酸値がきになるな。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー