ミノカサゴ、毒ある魚は美味しい!?

非常事態宣言解除された神奈川県、だけど我が家には「アベノマスク」は届かない。

娘二人は来月から変則的に始まる授業に向けて、スケジュール確認に余念がない。

すいません訂正します。娘二人ではなく、妻ですね?

わが家の女性軍は10万円の給付金の入金を楽しみにしているようですが・・・・・。

リモート授業用に購入したパソコン、タブレット代、そして登校していないのに払い続けている授業料、通学定期代に全て充当されるので心配無用かな。

自動車税や固定資産税の支払いもあるし、お金はいくらあっても困らないですね。

魚、イイ魚入荷してますよ。

魚、食べている?私にその質問するのは「河童に水連」、「釈迦に説法」かな。

昨日は刺身で食べれるミンククジラを、竜田揚げにして頂きました。

市場開放でカレー風味の竜田揚げを試食配布していたのを思い出し、衣にカレー粉を混ぜたら好評でした。

でもここで鯨を紹介しても普通なのので、珍しい魚をご紹介します。

三重県鳥羽市に本社置く荷主中村菊三商店㈱から・・・・・、パーチが覆いかぶさっている箱の中身。

この魚の正体は「ミノカサゴ」、どちらかと言えば毒があるため「危険な魚」扱いされています。

私も「ミノカサゴ」を詳しく調べて、オニオコゼ同様に鰭(ヒレ)に注意すれば身は食べれることを知りました。

「ミノカサゴ」はフサカサゴ科の魚なので、食べると美味しいと思われます。

かなり興味深い食材ですが、只今冷蔵庫が満杯状態でこれ以上の買い込みを妻の怒りを買いそうです。

地球平和のために、今日は我慢。

次の機会には是非入手したいのですが、次が何時になるのか分からない入荷数が少ない稀有な存在。

だから興味があるのかな?

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー