宮古トラウトサーモンは、サーモン好きのストライクゾーン。

昨日、ちゃんと捌きましたよ「宮古トラウトサーモン」。

やっぱり3㎏の魚体は一般家庭にはデカ過ぎでした。

自宅台所シンクに置いたらこんな感じ、そのままウロコも落としちゃいました。

ウロコを落とすと、ニジマスの証である体側の赤い帯を確認出来ました。

さあ頭を外して、本格的に捌いて行きます。

腹に包丁を入れると・・・・・、養殖魚独特の内臓の色。

食べている餌によって内臓が肌色になっているのですが、血液で俎板が真っ赤に汚れないのでイイかも。

鮭鱒は三枚おろしに捌くのが普通ですが、骨が柔らかいので捌き易い魚かもしれません。

捌き方は途中省略しますが、私がここでやらなければならないのは「宮古トラウトサーモン」がどうなのか?と言うこと。

私は鮭鱒担当ではないので、素人目線での意見なので許して下さい。

見た目、銀鱗がとてもキレイでイイです。

まず包丁を入れて最初に感じたのは、身の柔らかさ。もう少しプリンとした弾力性があってイイかも。

鮮やかなオレンジ色は、食欲をそそるイイ色合いです。

食べてみると魚の生臭さや嫌味を全く感じません。そして身質がきめ細やかなのでスルッと喉ごしがイイです。

チョット褒めすぎちゃったかな?

きっと一般の人が「サーモン」が好きと言う「サーモン」のズバリ、ストライクゾーンだと思います。

生食用と聞いて刺身とカルパッチョで頂きましたが、機会があればムニエルやソテー、フライで「宮古トラウトサーモン」を食べてみたいです。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー