トピックス

生ワカメは、捨てるところがほとんどない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今だけ限定、春ワカメ=生ワカメのシーズン真っ只中。

特種相対品課北村社員のセリ場にも愛知県産の生ワカメが・・・・・、そしてザ・茎ワカメ!

見事に葉を取られて、、そしてonly茎状態。

今まで思だったら思わず笑ってしまうだけだったんですが、今回は違います。

事前に特種課瀧澤社員よりブログねたとして提供して頂いた、『厚岸の生ワカメ』を使って料理を体験しました。

生ワカメは、何もしてない素のまま。

軽く水洗いしてから茎に沿って葉を丁寧に取り除くのですが、残った茎はどうするのか?

ネットで茎ワカメのレシピ調べたら、野菜炒め、サラダ、そして佃煮等々活用方法は色々ありました。

挑戦したのは、ワカメの酢のモノと茎ワカメの佃煮です。

やっぱり塩蔵ワカメと違い、食感、香りが高く、三杯酢と良く合う今だけの旬モノだと実感しました。

茎ワカメは煮詰るようレシピに説明されていたので、その通りに。

味わいはあさりのしぐれ煮の茎ワカメ版、案外これだけでご飯がドンドン進んでしまいます。

簡単、美味しい、そして季節限定の生ワカメ茎ワカメ、ついでにメカブ

今の時期、スーパーなどにも広く出回っているので、是非積極的に食べて欲しいですね。

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー