畝須(ウネス)、どうやって食べるの?

チョット珍しい部位だけが並んでいたのでクローズアップ。

何だか分かりますか?

畝須(ウネス)と言って、鯨の下顎から腹にかけてある縦筋の部分です。

畝とは畑で作物を作るために土を盛り上げた所。

須とは顎・顎髭を意味する言葉。

二つが合わさって畝須となる訳です。

ご覧の通り物凄い脂で、霜降り高級牛肉か大トロのようですね。

この畝須は、加工品の「鯨ベーコン」の原材料です。

こんなもの食べたら共食いだなと警戒していたら・・・・・。

特種相対品課石川社員が、「そんなことないみたいですよ。」と一言。

えっ!?思わずスマホで検索したら、鯨の脂はカラダにとっても良い脂だそうです。

鯨の脂肪にはリノール酸やドコサヘキサエン酸(DHA)、ドコサペンタエン酸(DPA)、エイコサペンタエン(EPA)等のオメガ3不飽和脂肪酸を多く含んでいるんです。

と言うことは、ダイエットや動脈硬化予防などに効力があるそうです。

だったら積極的に食べたいのですが、気軽に口にすることが出来ない高級食材です。

でも私を始め、数多くの水産業に従事している人は、ウネスを何とか自分の手で攻略したいと考えています。

鮮度が抜群にイイので、生食=刺身でも心配いりません。

ただ薄く切らないと、ゴムを食べているみたいだそうです。

でも畝須を食べてみたいな。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー