トピックス

私も「海のダイヤモンド」と呼ばれています、ホシガレイ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「海のダイヤモンド」登場!

それって何?

ネットで検索したら、予想外のワードがヒット。

クロマグロ、ナマコ、ながらみ、そして今日紹介しようと考えていたホシガレイ。

ダイヤモンドに喩えれれるほど貴重な魚なんだと知って、ビックリのホシガレイ。

もともと漁獲量が少ない上に、近年はその程度に拍車がかかっている稀少価値の高いのも理由の1つです。

ホシガレイは必ず裏返しの状態で出荷されてくるんです。

それは、表側だけを見たらカレイの王様=マツカワガレイと判別が難しい。

両者は近縁種だから仕方がないですね。

しかし、裏返しにしてみれば一目瞭然、間違える人はいません。

英名にあるSpotted halibut、斑点(ほくろ)のあるオヒョウ(ヒラメ・カレイに似た魚の総称)。

星・ホシ・☆には喩えにくいが、斑点・ほくろだったら納得かな(笑)。

ホシガレイは、何と言っても高級な白身の身肉を楽しんで欲しい魚です。

ですから、濃すぎる味付けはNG。

シンプルに刺身や潮汁、軽く振り塩した焼きなんておススメです。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー