トピックス

ニザダイ、食べてみたら・・・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「今の時期、ニザダイの評判は如何ですか?」と自分で振っておいても、誰も落ちをつけてくれませんよね。

何とかせねば!と思っていたら、本ブログファンの方からニザダイを頂いてしまいました。

勿論魚は丸のまま、自分で捌いてLet’s Cook!調理してみました。

ネットで一刀両断されるくらい臭い訳ではないが、ちょっと気になる匂い。

内臓を傷つけないように頭を切り落とし、内臓を取り出したら量の多さに驚かされました。

三枚の下ろしにしましたが、大きい魚体で切っている最中に脂があることを感じとれ期待が膨らみます。

上身、下身のそれぞれの血合い骨部分を切り取ると、4柵になり全て刺身では食べ尽くすのは無理だと判断。

複数の調理法で食べようと思い、生食の刺身そして火を使ったフライにしよう考えました。

う~ん、作業中は噂とおり少し磯臭さが気になりました。

自意識過剰なのかもしれませんが、「不味い」と言われて残されても嫌なので臭いを誤魔化せる調理法に落ち着きました。

そして、最終的に作ったのがカルパッチョとカレー粉を使ったフライです。

カルパッチョは、ニザダイを薄く切ってお皿に盛り付け。

色味が非常に良いでしょ!しかも脂ものっているて言うことなし、見た目は「カンパチ」みたい。

しかし、食べてみると味わいが薄くて期待外れ。

その分、カルパッチョソースやベビーリーフとの相性は良いように思います。

 

それよりもカレー粉を使ったフライは、期待以上の出来にビックリです。

思惑通り匂いは全く気にならず、身肉は脂がのっているので揚げても「外はサクサク、中はふんわり」に仕上がっています。

正直、全く何の魚か分からないです。

とても安価なニザダイ、非常に歩留りも良いので惣菜向けの魚だと思います。

結論、夏のニザダイは噂ほど悪くはなかった。調理の方法次第では、美味しく召し上がれます。

次はどうですか?と聞かれたら、まだ食べたことのない魚がたくさんあるので優先順位は下位の方ですね。

勿論、お安く譲って頂けるのなら喜んで頂きます。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー