トピックス

赤ら顔の金時鯛と平金目。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世間は、シルバーウィークの最終日、市場は今日から本格再開です。

横須賀市東部漁協、平塚市漁協からの魚たちも、多量に入荷しました。

今日は、キントキダイ(金時鯛)と平金目(ナンヨウキンメ)を紹介します。

キントキダイと平金目、パッと見は似ていると感じましたが、似て非なるものでした。

キントキダイは、大きな受け口とヒレの中にある黄色い斑紋が特徴です。名前の由来は、源氏の武将「坂田金時」からついた名らしく、「赤ら顔」の代名詞を「金時」と言います。

キントキダイのウロコはまるで「サメ肌。」ザラザラで注意しないと血だらけになりそうです。

平金目は、正式名はナンヨウキンメ(南洋金目)と呼ばれ、歴としたキンメダイ属の魚です。本キンメダイは、ナンヨウキンメほど大きくはならないそうです。

味についても、一般的にはナンヨウキンメは本キンメより劣ると言われ、価格に格差が生じています。

味の判断を大きく左右させているのが、脂の乗りかもしれませんが、色々調べていると人の味覚は千差万別です。言っている事もそれぞれ違います。

本当の真実を知るのは実際に口にして感じることが大切だと思います。

キントキダイも平金目も、メジャー級の魚ではありませんが、白身で上品な肉質、刺身、ポワレ・ムニエル、塩焼き、煮付けと、どんな料理方法にも対応できる魚です。

食べ出があり、大きく安くて美味しい、お得感満載のキントキダイ、平金目を是非召し上がれ。

IMG_3035 IMG_3046 IMG_3048 IMG_3047IMG_3003

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 今シーズン大注目のドリンクになるかもしれない・・・中華街のタピオカブームはコレだ!!...
  2. 久しぶりに泡を吹いている奴に再会しました。
  3. 台風18号が通過した9月18日、九州は福岡の博多湾で、ある魚が大量発生=湧いて大騒ぎになりました。
  4. 台風が通り過ぎたから3日して、やっと本格的に入荷が戻りつつあります。
  5. 「ビノス」の愛称で呼ばれている、ホンビノスガイ。近年販売に注力し、セリ場の市民権は獲得済。

アーカイブ

市場カレンダー