トピックス

のれそれ、出来るだけ素で味わって下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特種課岡社員のセリ場で、マロニーちゃん?葛切り?いえいえ『レプトケファルス』を見つけました。

レプトケファルス、難しい名前です。

すいません知ったかぶりしちゃいました。正直『レプト』くらいしか分かりません。

でもちゃんと『のれそれ』だって理解できますよ。

蓋を開けて、よ~く見てみると・・・・・、小さな目玉を発見しました。

のれそれは、冗談抜きで遠目からみると葛切りそのものです(笑)。

のれそれの姿から成魚を想像するは至難の業ですが、実はアナゴの稚魚なんです。

岡社員に確認したら出荷先は愛媛県で、その見た目の美しさから『南海の妖精』『水の妖精』などと呼ばれているそうです。

以前1匹だけ頂きましたが・・・・・、リアクションし辛いイメージしかありませんでした。

今回、初めて1パック自分で購入して思う存分味わってみました。

購入した仲卸は㈱北丑商店、高級食材と言ったら必ず抑えておかないといけない先です。

購入後、早速試食です。

さすがに会社で食べるので生食(刺身)、しかも素で試してみました。

不思議なくら魚臭くなく、心太や葛切りを食べる感じで何の抵抗もありません。

軽く歯に当たる心地いい食感、最後に香る磯の香り、高級食材を頂いている気分です。

かつては鮮度の落ちやすさもあり、産地だけで消費されていた『のれそれ』ですが、物流・配送技術の向上からご家庭でも美味しく召し上がれます。

柚子ポン酢、ワサビ醤油、酢味噌で食べたり、お吸い物の具、天麩羅、卵とじでもいけるそうですよ。

春の訪れを知らせる『のれそれ』、これも酒の肴にピッタリな食材です。

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー