トピックス

アワビのバター醤油焼きで株上るの?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログは2015年4月より開始したので、今年で4年目に突入します。

なのに筆者の好き嫌いや喰わず嫌い、高価過ぎて手が出ないモノもあり、ちょっと偏った内容になってきたかな?

そこで今年はちょっと苦手な分野に挑戦しようと思い、休市前にアワビを購入することに・・・・・。

大体の相場は分かっているものの、実際の価格を聞いて尻込みしちゃいました。

天然のアワビはなんとキロ当たり1万円以上は当り前、養殖のアワビでも7~8,000円は覚悟しないといけないそうです。

(ただし、貝の大きさや季節によって価格の変動はあるそうです。)

今回は貝の品揃えでは横浜市場1番の仲卸、㈱横浜平庄で一番安いアワビを購入しました。

そんなにお金をかけてと言われそうですが、個体の小さなモノを選ってもらったのでお財布のダメージは少なくて済みました。

さて何して食べようか?

簡単なのは素材を活かした生食=刺身ですよね。

しかし我が家の娘たちの受けが悪いので、ネットでレシピを検索してみました。

そして折角だから写真映りのイイものと思い、アワビのバター醤油焼きを作ることとしました。

過去にアワビの殻と身を外す際に、かなり痛い目に逢っていたので、殻付きホタテを剥くために使われるホタテ貝剝きで対応しました。

これを使うと結構キレイに外せますよ。

今回は娘たちに食べさせるため肝、ヒモは全て廃棄し、下拵えをススメました。

ここで下拵えを行う上での重要ポイントが1つ、それはアワビの口です。

アワビの口は堅く、歯に当たると非常に不快なため、三角に切り取ってしまいましょう。

そしてアワビの表面にはペティーナイフや包丁を使い、切れ目を入れてあげると熱で身が縮みことを防いてくれます。

ここで下拵えは完了、後はバターを使ってアワビを表裏焼くだけです。

アワビを焼いたフライパンに醤油、白ワイン、バターを加えてソース作り、最後に塩胡椒で味を調えて下さい。

案外簡単に出来たことに驚き、娘たちの評判も上々で多少お父さんの株が上ったかな。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー