トピックス

イサキの目には騙されない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この魚の顔を見ていると、ある植物の実を思い浮かべてしまいます。

その植物の実はオリーブ、そして魚はイサキです。

市場では1年を通して入荷があり、梅雨時期が最も美味しいと言われています。

しかし、特定の旬の時期はあるものの、味わいに当り外れのブレが少ないのが大きなセールスポイントです。

カメラでイサキを写していて「あっマズイ」、変なモノ見つけちゃった。

イ、イ、イサキの目が白濁している。

魚の鮮度を判断するポイントが幾つかあり、魚の目については一般的に知られているポイントの1つです。

生きているような澄んだ張りのある目をした魚を選ぶこと。

ではこのイサキは鮮度が悪いのか!?

決してそんなことはありません。

イサキは海を自由に泳ぎ廻る魚なのに、目がくすみ易くご覧のように白濁することがあります。

だから目だけで判断しないで下さいね。

営業担当が一番気にしていることは、匂いじゃなく臭い。

鮮度が落ちている魚は臭く、見た目も艶なく美しくない=美味しそうには見えません。

是非、市場に出かけて新鮮な魚たちに出逢って欲しいです。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー