イボダイ亜目の魚は、可愛くて美味しい。

鮮魚課小島社員のセリ場で、高級魚発見。

大阪は岸和田から出荷されてきた「マナガツオ」です。

よ~く見てみると、とても可愛い顔してます。

でも・・・・・、どこかで見たことのある顔つき。

先ずはマナガツオ。

次はイボダイ(エボダイ)。

最後にメダイ。

何となく似てると思いませんか?

無理矢理漕ぎ着けている訳じゃないですよ。

マナガツオはスズキ目イボダイ亜目マナガツオ科に属する魚なんですが、実はイボダイもメダイも同じイボダイ亜目の魚なんです。

(※亜目(あもく)とは、目と科の間に設けられる分類上の単位)

学術的分類上は、マナガツオ、イボダイ、メダイ共に近い親戚みたいな間柄です。

だからではありませんが、西京漬けや揚げ物、汁・鍋で食べると美味しい魚です。

追伸

かつてマナガツオの人気は西高東低と言われていました。

しかし今はそんなことはなく、当地横浜市場でもイイ値してます。

チョット軽々しくマナガツオの西京漬けなんて言えないな。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー