オアカムロ、赤いのは尾鰭だけじゃない。

レベルアップすると見ていても楽しいですね。

唐突な話ですが、昨日の「クイーンズ駅伝」の話です。

日本女子のレベルが少しずつ上がって来ているため、走っている選手の顔と名前が一致し始めました。

種目は違うけど、少しは陸上競技を齧っていたので多少は分かって観戦しているつもりです。

地元神奈川のパナソニックチームが大健闘、もう1枚10㎞を走れる選手が居たら・・・・・来年あるかもしれません。

実況はMM女史じゃなかったので、余計な個人情報を聞かなくて良かったです(苦笑)。

しかし資生堂の3区選手起用だけが?????、もっとチームとしてやりようがあった気がします。

今日はオアカ?実は尾鰭だけでなく、胸鰭、背鰭、腹鰭も赤かった「オアカアジ」を紹介します。

外見から「オアカアジ」と呼ばれていますが、正式名称は「オアカムロアジ」です。

アジ科の魚ではありますが、マアジ属ではなく、標準和名の通りムロアジ属の魚です。

今の時期のオアカアジは、脂がのっていて美味しいですね。

先日仲卸・元熊商店の西山さんから1尾頂いて刺身で食べましたが、非常に美味でした。

ただ血合いの部分が大きいので、見た目の好き嫌いもあると思います。

しかし合物担当の先輩が言ってましたが、真に干物が好きな人=通は、マアジの干物ではなくムロアジの干物が選ぶそうです。

個人的には食べ慣れているマアジが好みですが、ムロアジも食べて欲しいです。

少しずつですが、入荷してくる魚も変化が出始めました。

まだ半袖の作業着で働いている社員がいるようでは、横浜の冬はまだまだです。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

横浜中央卸売市場発かながわの魚が食べたい!

アーカイブ

市場カレンダー