オガイも良いけどメガイも捨てがたい。

今、スーパーに人が集まっている。

マスク、消毒液、トイレットペーパー、カップラーメン、冷凍食品、缶詰、そして米等々・・・・・。

かなりネットに踊らされている感があるけど、静観してるとゼロ=何もなくなってしまうので同じ行動を取らざろう得ない。

オイルショック、東日本大震災の再来?

まさか同じ光景を目の当たりにするとは思わなかった。

正直、新型コロナウイルスの騒動が原因で、当社の主力取扱い商品の動きが著しく鈍くなっている。

特に寿司屋や料理屋などが使用する食材を扱う特種相対品課は、今後苦戦を強いられそうです。

でも特種相対品課石川社員のセリ場で、久々デッカイ奴を見つけたのに・・・・・。

奴って呼び方は紳士として失礼かな(笑)、だってこのアワビはレディですから。

今日は三重県産から出荷されてきた女貝=メガイアワビを紹介したいと思います。

嘘のような本当の名前で、漢字で書くと雌貝鮑と書きます。

女があれば男もあるのと当然聞きたくなりますよね。

答えはあります雄貝(オガイ)、正式名称はクロアワビと言います。

チョット比較すると各々に相違点を確認することが出来ます。

相違点その1

表面(真ん中の部分)が土色っぽいのがメガイ、黒っぽい(黒褐色や濃緑色等)がオガイになります。

相違点その2

貝殻の色が赤っぽいのがメガイ、黒っぽいオガイです。

一般的に評価はメガイ<オガイ。

そして取引値や味わいは、その評価の通りと言われています。

しかし用途に応じてアワビを選べるのなら、コリコリした歯ごたえが好きならオガイを、程よい噛み具合がお好みならメガイが良いのかな。

生食・刺身じゃなく熱を入れる料理であれば、自分の懐と相談しながらアワビの種類を選べば最高では?

自粛ムードも十分理解出来るけど、私個人としては、記念日はお祝いしたいし、逆の立場ならお祝いして欲しい。

外食が駄目なら内食、自宅で調理してください。

こんな大きなアワビが自宅の食卓に出てきたら、一生忘れることのない料理になること間違いなし。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー