トピックス

コショウダイはイサキの仲間。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本牧漁協より可愛いコショウダイが入荷。長崎からは大きなサイズのものも入荷しています。

平塚市漁協の定置網でも活けモノ氷締めなど様々な形態で入荷している市場ではお馴染みのサカナです。

コショウダイは体表に散らばる黒い斑点が胡椒の実に似ていることから「胡椒鯛」に由来するとする説と、小姓が着ていた装束の模様に似ているところから「小姓鯛」に由来するとする説があるそうです。

コショウダイは、スズキ目イサキ科、コショウダイ属のサカナ、すなわちタイではなく「あやかりタイ」の仲間です。

しかしタイに勝るとも劣らないくせのない白身で刺身や塩焼き、煮付け、フライなど利用範囲が実に広いサカナです。

コショウダイの特徴のひとつは日持ちの良さと言われています。活け締めして数日後も生食が可能なほど鮮度が落ちづらく、価格もお手頃なモノです。

刺身はさすがイサキ科の仲間と言わせる旨味の濃さ、食感の強さ、そして血合いが美しいんです。

産卵期の初夏を除いて一年を通じて味が落ちないコショウダイですが、冬が一番美味しいので、一度召し上がり下さい。

img_1140 img_1123 img_1126

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー