トピックス

ソデイカは、一旦冷凍しないと美味しくない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬の訪れを告げる素材が入荷しました。

しかし残念なことに、既に切り捌かれた状態で入荷です。

本当はこんな画像をご紹介したかったのに・・・・・。

今日は、小笠原は父島で水揚げされたソデイカが入荷しました。

秋、この時期まとまって水揚げされるため、「冬の訪れを告げる使者」と呼ばれています。

ソデイカは他に、アカイカ、タルイカ、カンノンイカ等別名も数多くあります。

沖縄から対馬海流で日本海、黒潮(日本海流)で太平洋へ流れて、本州にやって来ます。

丸の状態での出荷は普通なことでが、今回のように切り捌かれているソデイカは珍しく、逆に最高のシャッターチャンスです。

ご覧ください分厚い身肉を。

かつて、「リンゴを齧ると歯茎から血が出ませんか」と言うCMがありました。

私は歯槽膿漏ではありませんが、これだけ厚い身肉を噛み切る自身がありません(笑)。

みなさんはソデイカなんて無縁な食べ物だとお思いでしょうが、実は知らず知らずのうちに口にしてる可能性があります。

例えば冷凍のシーフードミックスの賽の目切りになったイカやイカステーキ、冷凍イカロール等にソデイカは使われているんです。

普通イカは鮮度が高い生が美味しいのですが、ソデイカの生は繊維が強すぎてバリバリ、甘みも旨味も感じられません。

しかし一旦冷凍したのちに解凍すると、繊維が壊れて身も柔らかく甘みも旨みも出て来るんです。

こんなデカいソデイカが大量に養殖できたら、地球上の食糧事情は激変するでしょうね。

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー