バラ子も選択肢として悪くない。

やっぱり高級品だったんだと再認識しました。

何が?

生筋子、イクラのことです。

完全に親の漁獲量が、子供(卵)の価格に大きな影響を与えています。

シーズン当初は豊漁予想のもとで、秋サケは順調に水揚げされていたのですが・・・・・。

憎らしい、恨めしい台風。

台風15号が襲来後、サケの漁獲状況が一変して不漁に陥りました。

すると生筋子の価格も1,000~2,000円近く上昇してしまいました。

嗚呼、やっぱり生筋子(イクラ)は高嶺の花なんだ。

 

 

ここに来て、バラ子も数多く入荷しています。

産卵間近のメスのサケは、チョットした刺激で抱卵しちゃうそうです。

そんなイクラを集めたのがバラ子。

バラコは皮が硬い、ピンポンだと揶揄する人がいますが、全てがそうではありません。

目利きのプロである仲卸や買参人の担当者は、一口試食したり、指で弾力性を確認したり、様々な方法でイクラの良し悪しを確認しています。

価格?当たり前ですが、生筋子よりバラコの方がお手頃価格です。

寄せて、集めたバラコなので、若干のデブロクあります。

卵を膜から解す手間が不要なのは非常に大きい。

外れたらごめんなさい、でも逆に外れたら最高にお得ですよ。

もうそろそろ秋サケも生筋子もお仕舞い、最後にバラコで締めようかな。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー