マグロにアボカドは相性抜群。

寒いのになぜ?と聞かれちゃうけど、休市前にメジマグロ購入しました。

メジマグロって、ホンマグロの幼魚のことです。

どうしてもマグロと言ったら「生食」が定番になります。

我が家では、煮魚、刺身が不人気。

どうしても購入するのが丸魚、「まるうお」じゃなくて「ラウンドフィッシュ」だから、一人が食べる量が多くなるんです。

すると始めは美味しく食べていても、仕舞いには義務感に変わってしまうんです。

ではどうしたらいいの?

ただ捌いて食卓に並べて、親父から「どうだ!?」と言われても、娘たちは正直困惑していたかも。

やっぱり娘寄りに考えるべきと考えを改めて、娘たちのマイブームを探ることにしました。

すると我が家の娘たちのブームはアボカドだと判明し、メジとアボカドの料理を作ることにしました。

メジは刺身用に切り分けているので、後はアレンジするだけ。

1つ目は、アボカドまぐろ納豆。

2つ目は、まぐろとアボカドのユッケです。

いずれも簡単に見た目が激変し、アボカドにつられた娘たちは興味を示したようです。

特にまぐろとアボカドのユッケは、コチジャンと胡麻油の香りが食欲をそそるようで、娘は珍しく白米を食べていました。

そしてプラスオンで、韓国のりと一緒に食べ始めた時は「おっさん」かと思いました。

おかずを作っても、美味いか不味いか何も言わない我が家の女性軍。

手を替え品を替え、試行錯誤を繰り返している親父の努力は、何時報われるのだろう。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー