今の時期、新物ワカメを食べて欲しい。

先週の土曜日、横須賀市の佐島に出かけました。

目的は春を探しに・・・・・。

そんなカッコイイことじゃなくて、今だけ限定=旬のモノを求めて産地訪問です。

その旬のモノとは神奈川県産ワカメ。

当社の取引先である「平敏丸・平野水産㈱」に、今年の作柄等の情報収集ため訪問です。

私たちって運持ってるのかな?

横須賀・佐島にある「平敏丸・平野水産㈱」に私たちが到着すると、時間を計ったように平野社長が軽トラックで戻ってきました。

ちょうどワカメを収穫してきたところで、これから干しワカメを作る作業を始めるそうです。

キレイな生ワカメ、そして生メカブ、海草好きには堪らない光景です。

みなさん、干しワカメってどうやって作るのか知ってます。

実は作り方は産地によって様々で、大きく分けると収穫した生ワカメを水洗いして干す作り方と、収穫した生ワカメを一度茹でた上で干す作り方の2パターンだそうです。。

平敏丸・平野水産㈱の作り方は、後者になるそうです。

生ワカメを釜で30秒程度茹でた後に、3つの水槽を使って荒熱とゴミを除去。

生ワカメを茹でるとマジック?

ワカメが褐色から鮮やか緑色に大変身、実に面白い光景です。

そしてピンチに挟んで干し作業。

この干し作業は最低2日はかけて行うのですが、北風が吹けば一昼夜で干しあがるそうです。

ところで食材としての新ワカメですが、今しか食べれないもので、香り高く、程よい歯応えが最高です。

今が本当の旬、是非食べて欲しいですね。

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー