トピックス

汐子は小さくてもカンパチ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地魚、追っ駈けと言ったら私が一番最初に思い浮かべる仲卸は・・・・・。

㈲八丁平の藤本圭子社長です。

大量に魚を買ってくれるスーパーや量販店をお客に持っていないため、イイ魚を厳選、拘って仕入れて販売しています。

そんな藤本社長が今日セリ落としたのが、鎌倉の追っ駈けの『汐子』、黄金色に輝いています。

汐子とはカンバチの幼魚のことです。

小さな魚=幼魚の味ってどうなの?とみなさん心配されますが・・・・・。

全然心配ご無用です。

ブリの幼魚ワカシ同様に、食べ方次第では満足の行く味を堪能出来ます。

汐子は若い魚ゆえに、脂がどうだこうだと四の五の言わないで下さい。

正直、求めているレベルや目線が、子供と大人ほど違うので。

言い方は悪いですが、腐っても鯛。

小さくてもカンパチですからとても味わいがある魚です。

そして今日の汐子は100%天然物ですから、食べたら初物並みに長生きしちゃうかも。

最後に汐子がどんな身質か気になりますよね。

試しに1尾捌いてみましたが、とてもキレイな身質です。

成長する毎に呼び名が変わり、味わいも変化して行く出世魚のカンパチ。

大きく成長する前に食べてしまってゴメンナサイ。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー