皮目が美味いイシダイの幼魚。

成魚のイシダイはなかなか量販店、スーパーには並んでいませんが、このサイズなら結構地元のスーパーで見かけます。

今日は昨日の夕飯のおかずに使った、「イシダイの幼魚」を食材として紹介します。

このイシダイ今週の月曜日平塚追っ駈けで入荷ものでしたが、そのまま丸2日冷蔵庫で手つかずでした。

恐る恐る鰓と、魚全体のコンディションをチェックしましたが・・・・・。

さすが追駈けの魚、全く問題ありませんでした。

では何して食べる?

買う段階からどうやって食べるのか決めていました、ムニエルです。

鱗、鰓、内臓だけを外して、強めに塩胡椒で下味をつけます。

焼く寸前に小麦粉を塗し、サラダ油かオリーブオイル、バターでこんがり焼きあげるだけです。

以上でムニエルは完成ですが、一手間加えて、白ワインを加えて蒸し焼きにしたり、万能ソース「ガーリックバター醤油ソース」を足してもイイと思います。

アップで撮影したら・・・・・、すいませんピンぼけで、皆さんにお見せできるレベルではありませんでした。

キレイな身色だったので、残念です。

幼魚のイシダイは食べて癖がなく、熱を加えることで骨から身が剝がれ易く、食べ易くておススメです。

特に個人的な好ですが、皮目が抜群に美味しいので是非試して欲しいです。

イシダイの幼魚、要チェックです。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー