トピックス

紅ズワイガニ、生ガニの取扱い要注意。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと勿体ないことしちゃいました。

先日購入した紅ズワイガニ、直ぐに料理出来ないので生のまま凍らせてみました。

そして食べるために冷蔵庫内で解凍して行くと、袋の中に黒い汁が・・・・・。

恐る恐る黒汁の臭いを嗅いでみたら、悪臭ではなくカニ臭だった。

(※後で調べてみたら、タンパク質が酸化したことにより黒くなったようで、生ガニを凍結→解凍する際に発生する現象だそうです。)

匂いだけ確認して問題ないと判断し、タジン鍋を使って日本酒たっぷりでとりあえず蒸してみました。

脚の部分は2杯でこんな感じ。(よく見ると、ちょっと黒汁の痕が残ってます。)

蒸しても黒かったので、蒸し上がりの姿を敢えて画像に撮りませんでした。

胴体部分の身肉は、ほじって掻き集めたのがこの量。

脚の部分から身肉を外してこんな感じです。

やっぱり2杯を処理するのに小一時間かかってしまいました。

でもこれだけの身がとれるなら、セコガニよりも紅ズワイガニをおススメします。

料理している立場を利用して、ちょっと棒と呼ばれる部位を摘み食い。

少し水っぽいのですが、旨味・甘味があって美味しかったな。

今回は紅ズワイガニの甲羅を使ってみたかったので、グラタンを作ることにしました。

①最初にベーコンを炒めた上で、微塵切りの玉葱・人参を加えて炒めます。

②①にグラタンの素を加えて、牛乳、生クリームでルーを伸ばします。

③解した紅ズワイガニを②に投入。

④③に茹でたペンネを投入します。

⑤甲羅にグラタンの具を入れて、溶けるチーズとパン粉をのせてオーブンで焼けば出来上がり。

我ながらまずまずの出来栄え。

我が家の娘たちも、出来合いのカニグラタンではないので興味津々。

少しは親父の株上ったかな(笑)。

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー