赤サバは食べ慣れていないので・・・・・。

こんなに色々な魚を食べているのに、相性が悪いのか、それとも肌に合わないのか?

たまにはこんなこともあるんですが・・・・・。

一度悪いイメージが脳裏に焼き付くと、避けてる訳じゃないけど知らないうちに自ら距離を作ってしまう。

散々な言い方ですが、今回ちょっと珍しいところから大量に入荷したので紹介します。

横須賀は長井水産㈱から出荷されたハチビキです。

横浜市場ではサバには全然見えないけど、見た目・外見から「赤サバ」と呼ばれています。

前段でお話しているようのに、赤サバを美味しいと思ったことは残念ながらありません。

たまたま私が美味しい赤サバに出逢えていないだけかもしれません。

何もこの場で赤サバをディスっている訳ではありません。

しかし赤サバを良く使う仲卸曰く、脂がのった赤サバはイケると言うのです。

赤サバの標準和名ハチビキは端チビキとも書くそうで、半端なチビキ=ヒメダイと言うことらしいです。

個人的には、色目だけで言ったらハマダイ(オナガダイ)の方が似てるかな?

ハチビキとチビキは一文字しか違いませんが、身色も味も全然違います。

これだけディスっていても、実は美味しく食べたいと思っていると言ったら信じてくれますかね?

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー