トピックス

鬼・虎・魚、オコゼは体が味を表わさない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なに、変顔?

アップ過ぎて識別不能です。

そして、容姿についてそんなこと言ったら失礼に当りますよ。

個人的には、見れは見るほど愛嬌がある顔付きの魚だと思います。

その名は『オニオコゼ』です。

しかし、100%赤鬼、でも円らな瞳が可愛いですね。(どこが瞳か分かりますか?)

漢字で書くと、鬼虎魚=鬼と虎ですからと何となく怖いイメージです。

漁業関係者の間では、単に『オコゼ』と言う名で通ってしまう魚です。

今日は秋田県船川港の荷主『かねもと』から出荷されています。

『かねもと』から出荷されるの魚は、仕立てが丁寧・キレイなのでいつも感心させられます。

オニオコゼは、背ビレに毒を持つ棘を持っているので取扱い要注意です。

そのため、背ビレを削ぎ取られて入荷してくることもよくあります。

最初にオニオコゼを食べた人は、相当のチャレンジャーですよね。

でもフグがそうであるように、オニオコゼも危険だけと美味しい高級魚です。

純白な身色、ふっくら適度な弾力性=歯応えのある身質、その姿からはとても想像が出来ない味わいは、食通を唸らせる食材です。

刺身、汁物、フライ、唐揚げなど、どんな調理方法にも対応できる万能食材です。

ちょっと皆さんどうぞと言えない食材ですが、今が旬なので是非召し上がって欲しい魚の一つです。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー