鰊、鯡、この漢字なんて呼ぶの?!

『鰊』『鯡』と書いて何と言う魚でしょうか?

現代人にとっては、結構難しい問題かもしれないですね。

答えはニシンですが、ニシンと呼ばれてもなかなかピーンとこないと思います。

私も水産関係の会社に従事していなければ、同じような感覚。

春告魚(はるつげうお)などと紹介していますが、私自身もニシンを食べることは年に1度か2度あるかないかですね。

もしかしたらサンマを食べる機会より、全然少ないですね。

なぜなんだろうと考えてみると、ちょっと気になる問題が・・・・・。

それは小骨。

大人には大目に見てもらうとして、子供にはチョット難儀な魚かもしれません。

しかし、今日はそんな問題を解決してくれる凄いニシンを見つけてしまいました。

北海道白老郡の㈱白老フーズより出荷されてきた、『生にしんフィーレ』です。

どうですキレイで丁寧な仕上がり、ウロコと腹骨取り済みフィーレです。

これだった手間いらずで、フライ、天麩羅、そして甘露煮等々作れそうですよ。

今、サバが大人気ですが、ニシンもサバに負けず劣らずの栄養価を持つスーパー青魚なんです。

不飽和脂肪酸のEPA、DHAを始め、カルシウム、亜鉛や鉄分など、カラダにとって摂取すべき栄養素をニシンも豊富に含んでいます。

これならお子様、老人の方も安心して食べれますね。

丸魚(ラウンドフィッシュ)かフィーレは、皆さまのお好みで選んで下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー