黄色いけど青ソイ、思わず2度見した。

こんなにセリ場で鮮魚を見ているのに、今日初めて存在を認識した魚がいます。

その魚は、魚体の色は黄色なのにアオソイと呼ばれています。

そして標準和名は何とクロメヌケと言うから、2度ビックリです。

なぜなんでしょう?

メヌケってこんな感じ。

深海から釣り上げられた時に、水圧で目が飛び出した姿にその名は由来します。

でも目は普通で、魚体も青くない。

どうしてこんな名前になったのか分からないけど、これ以上アオソイをディスって可哀そうなので止めます。

今日入荷したアオソイの良いところを褒めちゃおうかな。

凄い艶でしょ!

その艶の正体は体表の滑りで、鮮度が良い証拠だそうです。

 

アオソイはどうやって食べたらよいのか?

おススメは甘いタレで煮付け、シンプルに塩焼き、皮目がしっかりしているのでポアレも良いそうです。

日本近海に生息する海洋生物は33,629種もいるのだから、知らない生物がいても全然不思議なことではありませんね。

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー