数の子、まさかお前もか!?

なんでも高くて、モノがない今年の年末。

実はお節料理に欠かせないこれもないんです。

バナナ?なんでも扱っている当社ですが、果物まではね。

冗談ですよ、どう見てもバナナじゃなくて「数の子」ですよね。

数の子もまた、親であるニシンが不漁のため、その卵である数の子の数が少ない=鮭といくらと同じ関係です。

なぜお節に数の子なのか?

見た目「黄金色」で縁起良さそうですよね。

それと無数にある粒々の卵が、「子だくさん」「子孫繁栄」を祈念して一の重に納められているそうです。

因みにニシンの平均寿命は13年、記録では18年も生きたものまでいたそうです。

魚にしては長寿な部類に属します。

これも目出度く、あやかりたくないですか?

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー