鯵(アジ)には不思議な魅力がある。

昨日14日の神奈川県は、過去2番目に多い985名の感染者が発表されています。

このままだと、いつ新型コロナウイルスに感染しても不思議じゃない状況です。

あまり話題にしたくないけど、避けては通れない問題に直面している。

仲卸の主要売り先である飲食店、居酒屋等からの注文が激減しているからです。

仲卸は、注文がなければ仕入れない(=買わない)。

もし仕入れれば(=買えば)、当たり前ですが代金の支払が生じるのです。

だから必要なモノしか買わない日もあると、正直に話してくれた仲卸もいた。

こんな状況でも、鮮魚を取扱う仲卸が絶対に欠かさない魚がいるんです。

その魚とは「鯵(アジ)」「真鯵」です。

いつも当たり前のようにセリ場で必ず目にするアジですが、何もしないでセリ場に並んでいる訳ではありません。

営業担当者が国内各地の水揚げ状況を把握しつつ、集荷した結果なんです。

アジと言う魚は、実に不思議な魅力を持った魚だと私は思っています。

魚の中で、見たり、食べたり、捌いたりと一番触れる機会が多いからかもしれません。

突然アジの干物が食べたくなったり、アジフライが食べたくなる私は異常でしょうかね?

私たちを取り巻く環境は日々変化しているけど、変わらないモノがあって良いと思う。

下手なダジャレじゃないけど、味が良いから鯵。

それがもしかしたらアジかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー