トピックス

輸入数量No1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どちらも養殖サーモンですが、サーモンの属名(一般名称)が違います。

魚顔だけで分かった人は、サーモン通。

 

答えです。(写真をクリック)

サケ

 

貿易統計からサケマス類の輸入数量は、昨年度マグロを抜いて約25万トンになり、輸入数量1番です。

 

平成27年 平成17年
数量 249千トン 225千トン
金額 1918億円 1095億円

 

注目したいところは、10年で価格は急上昇している点です。

担当の細沼係長いわく、養殖飼料の価格高騰など様々な理由があるが、一番は世界的に需要が高まったためとの事。

今回のアトランティックサーモンはノルウェーロイヤルサーモン社でしたが、三菱商事のノルウェー養殖サーモンブランドのセルマックも入荷するとの事。

ノルウェーロイヤルサーモン

 

年間を通して流通するため、旬は特にありませんが、毎日航空便でフレッシュなサーモンを提供しております。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー