トピックス

アジの王様は今が旬、シマアジ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伊豆大島から天然モノの高級魚が入荷しています。

アジ、アジはアジでも最高級のアジ、シマアジ(縞鯵)です。

なんて普通に紹介してますが、おそらく当社で働いていなければ、一生の中で出逢い・味わうことのない魚だったと思います。

しかもラッキーなことに天然モノ、養殖モノも食べたことあるなんて・・・・・、私は幸せ者だったんですね。

市場でシマアジと言ったら養殖モノが定番で、活け場では毎日のように注文に応じて活け〆がなされています。

活けの養殖シマアジは殆どが、西日本各地(愛媛、高知、大分、熊本、三重など)で生産されているそうです。

駄洒落じゃないですが、アジのアジはどうなの?

どうしてもアジと言えばマアジを想像してしまうけど、脂ののりも味わいもアジとは想像出来ないものです。

そして特に養殖となると、あ・あ・あ・あぶらが凄い。

でもその脂が諄くないのが高級魚たる由縁かも。

個人的には、懐に余裕があるならば是非食べたい魚の一つです。

活け〆されたシマアジは、刺身でどうぞ。

色白でとても美しい身質は必見です。

美味いなんて聞かないで下さい、アジの王様ですから。

刺身に後は、でっかい頭を使った潮汁なんでどうですか?

あ~ッ、想像するだけで口元が緩んでしまいます。

シマアジは今の時期が旬と呼ばれています。

是非、購入するチャンスがあったらゲットしてみて下さい。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー