コバンザメ、イメージは良い悪い?

昨日の日本選手権陸上女子5,000m見ましたか?

優勝した田中希実選手の脅威的なラストスパート、女性だけど男らしい走りっぷりでした。

しかも標準記録突破した選手が5名いるなかで、どうしても勝負に拘りスローペースになるのが当たり前だったけど・・・・・。

ゴールしてみると優勝した田中選手は標準記録を見事に突破し、2位の廣中さんも標準記録に肉薄した立派な記録だった。

きっと自分の頭の中にゲームプランがしっかり組み立てられ、しかもプランを実行出来る力まで持っているんだと思います。

今やコバンザメのような「おこぼれ戦法」では、勝つのは難しいでしょうね。

コバンザメって聞くと、何か調子良く生きているイメージがあります。

そんなコバンザメ、市場にも出荷されるんです。

と言っても、まとまって水揚げされる訳じゃないので、見つけるのは「至難の業」級の魚です。

コバンザメと言う名前だからサメの仲間と思いきや、スズキの仲間だそうです。

何となくのイメージですが、同じスズキの仲間であるスギに顔や魚体は似ています。

複数の仲卸に聞いても、流石にコバンザメは食べたことないそうです。

でもコバンザメを引いた鮮魚課安達社員に聞いたら、今秘かに人気急上昇中の鮮魚だそうです。

そんなこと聞いたら、買って食べてみようと思うのが人の常だと思います。

直ぐに仲卸店舗に出向き、1尾0.9㎏入手しました。

どうやって捌くのかYouTubeを検索したら、動画がちゃんとありました。

頭の上に小判のような吸盤があるだけで、後は普通の魚と全く違いはありません。

でも強いて言うと、皮が厚く、サメのようにザラザラしているので、コバンザメと呼ばれるようになったのかも。

早速自宅でコバンザメを捌くと、ご覧の通りでした。

パット見、イサキのようにキレイな身色、さすがスズキの仲間です。

皮を引くと、皮下に脂を感じます。

捌いている段階で、期待がドンドン膨らみます。

醤油有る無し、ワサビ有る無しで刺身でコバンザメを食べると、サクサクした不思議な触感。

色目が非常にキレイで、癖のない味わいは、巷で人気上昇している理由だと思います。

コバンザメ、私は絶対に食べて欲しいと勧めちゃうと思います。

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー