トピックス

タチウオは脂ののり優先ですか?いいえ、オキナワオオタチを食べて新発見。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有言実行、2月17日(土)に入荷した与論島漁協のメガタチ(=オキナワオオタチ)を㈱伊勢勝で購入し食べました。

その件について、今朝、㈱伊勢勝会長や横浜市の詰所職員の方々から「どうだった?」と質問責め。

私からの答えは、『好み』に合わせて選べば良いと回答しました。

『好み』、人の好みは千差万別なので、先入観だけで判断をして欲しくありません。

オキナワオオタチと東京湾のタチウオ、どちらが脂がのってるの?と聞かれても、どちらが美味しいのとは聞かれていません。

今の時点で私が確認した味わいをハッキリ言うと、脂は東京湾のタチウオの方が間違いなくのっています。

しかし、ここで『好み』がポイントになるんです。

もし、連日連夜東京湾のタチウオが食卓に出てきたら・・・・・、想像するだけで胸焼けしちゃいます。

与論島のオキナワオオタチだったら、1日目塩焼き、2日目ムニエルでも全然行けます。

どうですか?画像で伝わりますか???

ふかふかで、純白=真っ白、上品な噛み心地のオキナワオオタチ、フレンチなどで使ったら最高にイイと思います。

アラシスの私にとっては、オキナワオオタチの方が食べてカラダに優しく良さそうです。

今晩は、本当にムニエルで頂く予定。

オキナワオオタチの連荘です(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー