川ガニ、オスかメスかが悩みどころ。

所変われば呼び名も変わる、今日はそんな食材を紹介したいと思います。

発泡スチロールの蓋に穴、何が入っているの?

北海道産タマネギ?そんな訳ないよね。

少しボケてみました。

発泡スチロール箱には「川ガニ」って書いてあります。

網ごしに中身を確認すると、モクズガニのようでした。

実は川ガニとモクズガニは全く同じモノで、それぞれの地域・地方によって呼び名が違うのです。

ちなみに標準和名は「モクズガニ」です。

川ガニと呼ぶのは、北海道や鳥取県、岡山県等々。

何処から出荷されてきたのか?知りたくて発泡スチロール箱を見渡すと・・・・・。

出荷者と原産地が記載されているシールを見つけました、北海道は石狩でした。

どうやって食べるの?

蒸したり、茹でたり、みそ汁の具にしたり、炊き込みご飯にと、古くから日本中で愛されたカニです。

そして2016年より生体の輸入が禁止されている上海ガニ(※特定外来生物に認定されています。)の代用品として、川ガニは大活躍しています。

箱をよく見ると「カニあるある」なんですが、オスとメスが別々に出荷されて来ます。

その理由は、川ガニには2つの楽しみ方を選べるからです。

1つ目の選択は、チーズのように濃厚な内子を持つメスを味わうこと。

2つ目の選択は、カニ本来の身肉を味わえるオスを味わうこと。

私は食べずにペットとして飼いたいです。

※一昨年2匹もらって自宅で飼っていたのですが、2匹とも逃げられてしまいました。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー