桃の節句はハマグリを食べて欲しい。

今朝は風速7㍍の北北東の風が吹いているため、気温よりも体感温度はかなり低く感じる。

でも風速7㍍は時速に直すと25㍍、一般的な自転車を漕ぐ際の速さより速いんです。

これだけ風が吹いたら・・・・・、ゴルフもしたくないですね。

でも天気予報では、穏やかな風と言う表現になるそうです。

違和感を感じるのは私だけでしょうか。

暦の上では3月までが春、このまま暖かくなって初夏突入か?

チョット気が早いかな(笑)?

3月に突入すると、早々に重要なイベントが控えています。

それは3月3日の「雛祭り」「桃の節句」。

市場で「雛祭り」「桃の節句」と言ったら、お約束のこの光景「ハマグリ」です。

今年は3月3日が休市日だから、ハマグリの入荷ピークは月曜日になると思います。

セリ場に並ぶハマグリの量は、今日の比ではないはずです。

大きさや産地によって値段は全然違います。

特種課岡社員からは、とても貴重な熊本県産ハマグリを見せてもらいました。

えっ!?小さいじゃんって思っていません?

実は以前はお手軽価格で、アサリの替わりに味噌汁使えるくらいだったんですが・・・・・。

ある仲卸でK単価3500円で販売されていました。

高いか安いかと聞かれたら、正直に言って高いです。

でも小さくてもハマグリ、食べたら美味しいし、小さい分数多く食べれるので個人的には大好きです。

もし休み明けにあったら、相方に内緒で購入したいと思います。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 2021.4.16

    とある休日

アーカイブ

市場カレンダー