苛々するのは「イラ」のせい?

この期に及んで決定が遅い!

きっと日本国民は、皆同じ事を感じているはずです。

苛々しちゃいけないけど、フラストレーション溜まります。

こんな気持ちがこの魚を導いているのか?

最近、頻繁にセリ場で見かける魚「イラ」を紹介します。

おやじギャグじゃないけれど「イラ」を漢字で書くと、苛、苛魚、伊良。

苛=さいな・む、叱ったり責め立てたり、苦しめる、いじめると言った忌です。

何となく、今の私たちの気持ちを表す漢字になっています。

まだ2020年は四分の一しか過ぎていないけど、今年を表す漢字一文字と聞かれたら・・・・・。

私が勝手に決めるのならば、「苛」か「禍」でしょうね。

罪のない「イラ」をディスるのは可哀想ですが、どうしても目立つカラーリングなので許して下さい。

鮮魚で入荷している「イラ」ですから、食材としてどうなんでしょうか?

ネット上では見た目と違い美味しいと言われていますが、周囲で食べたヒトがいないので噂先行です。

「イラ」を食べたい?と聞かれたら、私は1度は試してみたいな。

ブダイ、タカノハダイ、次は「イラ」かな。

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー