旬の良いヤリイカ入荷してますよ。

暑かったり寒かったりと、体調管理が難しい冬になってしまった。

おまけに新型コロナウイルスの影響で、巷では深刻なマスク不足が発生している。

便乗して、マスクを高額な値段でオークションに出店している輩(やから)も・・・・・。

人の不幸につけこみ商売するなんて、日本は嫌な国になっちゃいました。

生活環境、食生活の変化なの?

食べ物が性格に反映するなんて話も聞きますが、ベジタリアンになれとは言いません。

でも季節を感じとれる魚をもっと食べて欲しいですね。

今の時期だったら、ヤリイカはどうですか?

黒潮と親潮がぶつかり合う千葉県銚子港、茨城県や宮城県・青森県あたりからコンスタントに入荷しています。

ちょうど鮮魚課佐藤社員が担当する荷主・大松より、新口のヤリイカが到着しています。

箱にはキレイに並べられたヤリイカが収められ、良く見ると魚擦れも少ない。

佐藤社員に漁法は何なのか?と尋ねると、底引き網漁だと教えてくれました。

底引き網漁?海底に網を沈めて、根こそぎ獲ってしまう?

そんなことすると魚は傷だらけ。

佐藤社員曰く、ヤリイカがいる棚を想定して網を仕掛け引いているので、他の魚が混じらず、イカのダメージが少ないそうです。

若干イカの大きさにデブロクがあるようですが、サイズを厳密に選り過ぎるとロスが出るので多少は大目にみてね。

大きいサイズは刺身、小さいサイズは煮付けで食べたら美味しいでしょうね。

季節の食材・旬の食材には滋味滋養があり、心豊かにしてくれます。

バランスの良い食事を規則正しく摂って、カラダの中から健康にして行きましょう。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー